※ビタミンA

種類がたくさんあります。レチノール、レチナート、レチノイン酸、が本家筋。レチニルエステル、カロチノイド一族などの親類筋。それぞれがどのように必要なのかは、よくわかっていません。ヒトの代謝の中で、相互に変化しながら、それぞれが独自に機能していると考えられています。

細胞の分化=「(細胞という名の)小学生が、大人になり、それぞれ警察官、やくざ、商店主、職人などに成長し、それぞれの役割を果たすようになること」が、ビタミンAの役割だと、されています。分化は複雑極まる現象で(人間の子供の例でもわかるでしょ)、とてもビタミンA単独でできることではないので、「ビタミンAは、細胞が分化してゆく過程で、沢山、必要で、消費される栄養だ」と考えてください。

次から次に、細胞は分化し、消滅しますから、年中、体内に充分な濃度を保つ必要があります。そこで、肝臓や皮下組織に大量に貯蔵されています。また、不要になると異化(化学変化)させられ、おもに胆汁中から、便に捨てられます。注意しておきますが、異化され捨てられたビタミンAは、「役に立って」から捨てられたので、過剰だったからではありません。(※注6)

1)動物、魚が備蓄しているレチニル=エステル
2)有色野菜のβカロチン(αもγもあります)
3)魚油のレチノール

食品であれば、レバ、赤身、八目ウナギ、人参、とまと、かぼちゃ、いわし、さば、など。

ガンに限らず、病気をすると回復過程で、細胞の再生が盛んになります。足りなければ、出来損ない細胞が生じます。