本文へスキップ

横浜市の血管内治療による癌治療専門クリニックです

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-545-5595

〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山2-15-10

脳の栄養療法

  May clinic News のページで下記の情報・その他がご覧いただけます

  栄養療法で脳を健康にする法
  
  ウツ、統合失調、パニック障害、神経症、自律神経障害に栄養療法?

ガンはどうして大きくなるのか?

ガンはどうして大きくなるのか?

ガンも生きていますから、栄養物を正常な周囲の組織から調達します。

頻回の細胞分裂や昂進した能率の悪い代謝機能のために、重量あたり、単位時間あたり、の栄養消費量はガンの
ほうが多いこと、は明らかでしょう。ただし、大きくなったガンも、すべての部分で活発に代謝してるわけでは、
ありません。あまりに、ムダが多いので、ガン全体には、栄養調達ができずに壊死状態になっている部分も多い
のです。壊死部分も正常な食細胞浸潤が弱く掃除が行き届きません。
できの悪いガン細胞は、平均寿命が短く、つぎつぎに死んで、ガン細胞の死体が折り重なるために壊死部の嵩だけ
は増えてゆきます。壊死というのは、掃除が間に合わないゴミ捨て場なのです。こうして、ガンは成長します。
いわば物質の流れ(※注2)の滞りがガンの成長です。 栄養が豊富でも、意外と栄養調達のルートが
ボトルネックになります。 新生血管を攻撃する重要性が、ここで見て取れると思います。食細胞の活性を高める
ことも、意味があります。掃除が行き届けば、壊死部が減ってガンのサイズが減ります。
「ネズミに高栄養
(餌をたくさん与える)と、腫瘍の成長が加速する」という実験結果があります。ただし、このネズミは生まれ
つき免疫機能を持たない、実験用の特殊なものです。現実のガンは、免疫機能と絡み合いながら、進展します。
免疫に関与する細胞も生きていますから、栄養を必要とします。栄養がガンと免疫どちらかを一方的に利する訳
ではないので、「ガンに不利で、免疫など正常細胞に有利な食事」は、成り立ちにくいでしょう。

免疫を担うリンパ球も、急速に細胞分裂を繰り返して、爆発的に増える必要がある細胞です。ところが、
エネルギーや資材がなければ、どうにも増えようがないのです。
栄養は、免疫にとっても重要です。

栄養の5要素

 
 栄養には、5つの要素があります。タンパク、糖質、脂肪、ビタミン、ミネラルです。
タンパクは、ヒトの身体を構成しています。個々のヒトに固有で、原則的に、ヒト同士でも、取替えがきかない
性質があります。全部、自前で作成しないと生きてゆけませ ん。食べるタンパクは、自身のタンパク作成の
ための材料です。

食肉(とり、ブタ、牛など)、魚、大豆、などが、主なタンパク質の食材です。ヒトはタンパクを食べて、
吸収し、自身のタンパクに作り変えて、酵素作用を作り出し、これでさらに自身に必要なものを作り出し、
破壊し、燃やして、捨てます。作り出したものが、自分自身を構成し、 自分自身を破壊し、休まないのですから、
食べないと、すぐに死にます。それも、必要なだけ十分にたべないといけません。「ガンが大きくなるのは、
食べ過ぎるせいだ」と絶食すれば、自分のほうが早く死にます。ガンも生き物ですから、食べて、自身を作って、
周囲にゴミを捨てます。それも、産業廃棄物みたいな有毒物質を撒き散らしますから、掃除する病人は、
大変です。おまけに、守銭奴よろしく、鉄などを溜め込んで、返してくれません。厄介な同居人にはとりあえず、
好きなだけ食べて頂いて、残り物で主人が、露命をつなぐという、奇妙な寄生虫と宿主の関連になっています。
一日の必要量は、純粋にタンパクのみで、最低60gです。肉は20%、魚も20%見当が、重量あたりの
タンパク量です。大豆製品は、渾身タンパクですが、水分がバラつくので、個々にざっと計算してみてください。
それぞれ、偏らないように、数日で辻褄があう程度のユラギを作りながら、食べてゆくのが現実的でしょう。
※注3)何分、ヒトは飽きるし、おいしいものは食べたいし、ですから、食事は楽しくないといけません。
杓子定規と厳密、厳格、正確は別物です。(※注4)
一日に、肉100g、魚100g、大豆100gはかなりの量です。大豆が多い日、魚の日にしても、
問題ありません。気分が沈むと、食事も気が進みません。おいしくなるように、工夫をこらしてください。
タンパクは、アミノ酸の組成で、良い悪いと言われることがあります。タンパク質はアミノ酸からできています。
自分のタンパクに作り替える訳ですから、自分のタンパクの近いタンパク(牛肉など)からは、能率良く自身の
タンパクを作り出せます。そこで良い、とされます。これに対して、タコ、エビなどヒトからかけ離れた食材
(生物だ、失礼)のタンパクは、うまく使えません。ただし、ミネラルや貴重な脂質などを含んでいますから、
大切な食材です。あまり単純にいいわるいと表現するのは、考え物です。(※注5) 

ビタミン


「少量で、代謝に対して触媒的に働き、一部、神経組織、視覚調節器、生体膜、カルシウムのホメオスターシス
などに直接作用して生理機能を発揮するが、生体内で合成されないため、外界より摂取しなければならない
有機化合物」という定義です。この一部にひっかかるためビタミンをはずされたものもあります。
かつてのvitamine B3、niacinなどです。

ビタミンA
カロチノイド
ビタミンB群


  お問い合せプライバシーポリシー


MayClinicメイクリニック


TEL 045-545-5595
FAX 045-541-3473
newnewp@nifty.com

←メールフォームへ

    
    クリニックの正面
   東急東横線大倉山駅より
      徒歩7分