本文へスキップ

横浜市の血管内治療による癌治療専門クリニックです

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-545-5595

〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山2-15-10

治療方針

あなたの側に立ってアドバイスします

「本人が望む治療を受ける」のは当然です。                  松永院長
そのためには、重大な病気と診断されたとき、
生命に関わる手術、治療を受けるとき、病状・
治療方針に納得がいかないとき、どのように
してよいか途方に暮れたとき、いつでも
ご相談ください。大切な人生です。
一度立ち止まって!それから考えましょう。
永年、癌治療に携わってきた経験を生かし、
最良のアドバイスをさせていただきます。

    

費用について

■初回 がん治療に関するカウンセリング  21,000円(税込) 

(参考までに)
血管内治療 
       料金については、事前のカウンセリングで
       ご相談ください。薬代は、使用する種類や量により異なり
       ますので、治療前のカウンセリングなどでご確認ください

■ビタミンCメガドース治療(点滴による静注)
            当院では、患者さんの病状や状態により、
      週2回の治療をすすめています。




当院は、自由診療による治療を行っています。健康保険は使用できませんので  
 
 治療費は全額自己負担となります。

患者さんの症状や病状、治療する部位やがんの種類によって、治療方針が異なります。                 
治療費や治療計画につきましては、受診の際にご相談ください。

治療の過程で諸検査が発生する場合があります。その都度ご相談させていただきます。

その他の治療費につきましては、当院での治療の受診の際にご相談ください。


                                         

治療の流れについて

   初診・問診
  カウンセリング
   

  1. 治療計画の立案


  2.     治療


FAQ よくあるお問い合わせ

血管内治療とは何ですか?

がんは成長する過程で自ら血管を新生します。酸素や栄養素など血液を通して供給を受ける
ためです。見方を変えれば、血管のないところでは、がん細胞は成長できないのです。血管
内治療では、全身の血管の中を細いカテーテルを通していき、がんのある腫瘍巣の局所を治
療することができます。治療の方法も、多種多様で、血管を塞栓してがんを兵糧攻めにした
り、局所に高濃度の抗がん剤を注入したりもします。局所への抗がん剤の使用は、腫瘍巣に
対しては、高濃度でも全体的には極めて少量での抗がん剤治療が可能となります。抗がん剤
治療の副作用でお悩みの方には、お役にたつ治療法でもあります。また、近年では、局所治
療に使用する薬剤や治療方法なども進化し、抗がん剤に代わって、高濃度ビタミンC、活性
化したリンパ球や樹状細胞、遺伝子療法製剤などを使用する場合も多くなってきています。 

所要時間は?

実際の治療時間は、1〜2時間程度ですが、事前の準備や術後のケアのために4〜5時間ぐらい
かかります。基本的には、日帰りの治療が可能ですが、遠方の方には、近くの宿泊施設をご
紹介できます。

どのような癌にも治療可能ですか?

白血病のような血液のがんでなければ、腫瘍は必ず血管を必要とします。血管のあるところ
ならば、基本的にはカテーテルの通る道はあるので、固形がんであれば、癌腫にかかわらず
治療可能だと考えてください。一部難しい場所や血管内治療が適切と思われない場所もあり
ますが、その場合はほかの手段を考えます。標準治療を離れると、がん治療は切り口が多数
あるものなのです。

かかりつけの病院で、「もう治療することがない」と言われたのですが

当クリニックには、標準治療では打つ手がないと診断された患者さんも多く受診されていま
す。決してあきらめないでください。本当の意味でのがん治療は、ここから始まります。

局所だけの治療が、全身に広がったがんに対して有効なのですか?

命に係わる転移巣や勢いのある場代を重点的にたたくことにより、病気の進行を抑えこみ、          スピードにブレーキをかけることが可能です。そのあと、維持療法を組み合わせていき、最
後は、本人の免疫力が、がんをコントロールして、長期不変の状態をつくりだすことが、が
ん治療の理想形です。この考え方で、余命数か月といわれた患者さんが、何人も元気で普通
の生活を送っている現実があります。血管内治療は、局所治療でありながら全身治療への橋
渡しを行う治療なのです。

血管にカテーテルを通すと痛いのですか?

血管の中には神経はありません。したがって、基本的には痛みはほとんどありません。カテ
ーテルを挿入するはじめだけチクリとする程度です。そのため、全身麻酔は必要としません。         患者さんは、ご自身で局所のがんをやっつけている治療を、モニターで見ながら治療を受け
ることができます。


  お問い合せプライバシーポリシー

MayClinicメイクリニック

〒222-0037

神奈川県横浜市北区大倉山2-15-10
TEL 045-545-5595
FAX 045-541-3473
newnewp@nifty.com

←mailフォームへ
   




 クリニックの正面
  東急東横線大倉山駅より
徒歩7分