ビタミンCメガドース療法=高濃度VC療法の科学的側面

VC(ビタミンC)=アスコルビン酸のL型は、抗酸化物質としてよく
知られています。

抗酸化物質というのは、体内に存在する活性酸素などのフリーラジカルを
除去する作用があり、そのため、ビタミンCの注射が美容のためにも
おこなわれてもいます。


ところが、高濃度VCの療法では、このVCが体内で反応して最終的に
過酸化水素(H
O2)にかわります。過酸化水素は立派なフリーラジカル
です。このフリーラジカルが、がん細胞を攻撃するということになるのです。

しかも、がん細胞だけを選択的に攻撃する仕組みができあがります。

少し難しくなりますが、原理を簡単に述べてみます。
まず、フリーラジカル化した分子は、がん細胞が細胞分裂する際のDNA
の塩基に結合して細胞分裂を阻害します。

選択的にがん細胞だけに作用するのは、正常細胞には過酸化水素を中和する
カタラーゼがあるためで、がん細胞ではこのカタラーゼをつくり出す能力が
低下しているので、がん細胞に取り込まれたVCが過酸化水素に変わって
がん細胞を殺すという作用機序が出来上がります。
また、VCはもともとある体内物質ですから、がん細胞は栄養素だと勘違い
して、どんどん細部内に取り込んでくれるというわけです。そのため
がん細胞も抗がん剤のように耐性をつくりづらく長期間使用可能と
いうわけです。

高濃度VCに、抗がん作用があることは、1970年代にすでに、米国の
ライナス・ポーリング博士によって報告されています。

博士は、ノーベル賞を2度も受賞した科学者(ひとつは化学賞、
ひとつは平和賞)ですが、残念ながら医師ではないためか、この研究は
長期間にわたり医学会では無視され続けていました。
また、価格が安くてどこでも手に入るビタミンCが抗がん剤より効果が
あることがわかれば、困る人が大勢出てくるのかもしれません。

ところが、近年になって、米国をはじめ日本でも多くの医療機関で
高濃度VC療法が、みなおされてきています。