※カロチノイド

カロチノイドには、α-カロチン、β-カロチン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチンなどがあります。それぞれ、親油性の共通基本構造をもち、一部が互いに異なる一族です。列挙した以外にも、類似の構造を持つ物質が、存在し、それぞれの生理活性をもって、ヒトの代謝に関わっています。生体内では14種が確認されています。注目されている領域ですが、全体像を含め未知の領域で、今後も新たな知見を生むと期待されています。

β-カロチンは、解裂によって、ビタミンA、2分子に変化することが有名ですが、それ独自の代謝と生理活性を持っています。ビタミンAの本家筋と同じように、生体内で酸化ラジカルを拾って、立体構造を変化させやすいため、大量の備蓄が必要な物質です。ただ、ビタミンAのようにDNAに直接反応を起こすような危険が少ないので、Aほど厳重な代謝構造には、なっていません。

ビタミンC,Eと密接に関連して、活性酸素を処理する能力が有名です。それ以外にもたくさんの働きが実験的に確認されています。β-カロチンについて、いくつか列記しておきます。ただし、複雑な系であるので、一面的、断片的な知見にとどまること、にご注意。

1)リンパ球の増殖促進、その他、免疫調整作用

2)アポトーシス誘導

3)血液粘性の低下、抗血栓効果

β-カロチンと発ガンについての、疫学調査

1) Physicians Health Study PHS
対象者数 22,071名
試験期間 12年間
対象母集団 40-84歳の男性医師(11%が常時喫煙者で、51%が時々喫煙するタイプ)
場所 米国(全米の各地)
背景 β-カロチンの各種ガン及び予防効果
デザイン 介入群(半数)は、一日おきにβ-カロチン(合成)50mg摂取。対照群はプラセボ。
結果 いずれの疾患にもβ-カロチンの有意なpositive、negativeな作用は認められない。
備考 NCI,NIHの資金提供